ポジティブ育児

予想以上にビッグサイズだった!リアルな出産レポート

 
出産
この記事を書いている人 - WRITER -
海好きなネイチャーガールsoltinaです。ポジティブ育児でハッピーに。海のある生活でママライフ。コスメコンシェルジュの資格ももっています。
詳しいプロフィールはこちら

陣痛が鼻からスイカとか聞くけど、出産って実際どんな感じ?出産レポを読みあさったりして参考になったので、自分も忘れないうちに出産レポートを残しておきたいと思います。

陣痛開始から出産まで

5月5日早朝
おしるし有。うっすら血がついていた。
この日何かが起きそうな予感がしていた。
ココからが急展開。

ランチにビーフシチューを食べに行ってからお腹の張りが頻繁に。
その後、夕飯の買い物へ出かけたが、頻繁に来るお腹の張りが気になって集中できず、ベビが下に降りてきているような感覚になり、歩くのに違和感を感じる。お腹の張りの間隔を測ったが10分間隔ではなかったので、そのまま買い物を続ける。

帰宅し、お風呂に入り、夕食を済ませてソファで横になっているとお腹の張りの間隔が短くなっているように感じ、間隔を測っている最中、突然ドンッと頭突きされて、プチッと音がして破水。
産院に連絡したのが、22時47分だった。
焦りすぎてレギンスを裏表反対に履き、入院バッグを持って、車で産院へ向かう。

産院に到着し、分娩室で検査すると子宮口3センチ。陣痛室に案内され、まずはラズベリーリーフティーを飲んで横になっていると、徐々に陣痛が強まって一気に子宮口5センチに。
このままうまくいけば4時くらいには産まれるよと助産師さんに言われてよしってなる。
ココまでは順調だった。

だんだん横になっている体勢が辛くなってくる。座っている方が楽な気がして座っていたが今度は眠気に襲われる。横になりたいが横になれず、座り姿勢のまま陣痛に耐える。陣痛がない時はウトウトし始める。すると、4時頃から陣痛が遠のいていると助産師さんに言われ絶望的になる終わりの見えない陣痛にもがき叫びながらお産が進むことを願う。耐えられなくなってきて、ナースコールを鳴らし子宮口を測ってもらうが子宮口7センチ。10センチにならないと分娩室へ行けないと言われ、余計に辛くなる。ウンチしたい感じになってきたら呼んでって言われる。しばらくしてからウンチしたい感じの陣痛になってきたので再びナースコールする。子宮口はまだ8センチ。くだけそうなほどの腰の痛みに耐えられず、もういきませてほしいと助産師さんにお願いする。まだ子宮口10センチになってないけど、いきんだらお産進むかもねと了承してくれて、いざ分娩室へ。
いきみを開始する。しかし、陣痛が遠のいているのと、お腹が出っ張りすぎてうまくいきめず、助産師さんにもっともっととあおられる。全然進んでる感じがしなくて、くじけそうだったけど、ベビと会うためにいきみを続ける。

5:30頃に旦那を呼びに助産師さんが席を外す。1人にしないで。と思いながら頑張って1人でもがきながら、ひたすらいきみ続ける。
そして、旦那立会い。陣痛促進剤を打たれる。
陣痛が強まってお産が進む。だんだん意識が朦朧としてきて、酸素ボンベをつけられて呼吸を整えるように言われる。そして、6:30頃に院長登場。会陰切開する。陣痛の方が痛すぎて会陰切開はいつ切ったかわからないぐらい痛みはない。後2回いきんだら出てくるよと言われ、やっと終わりが見えて力が湧いてくる。最上級にいきむ。助産師さんに思いっきりお腹を押される。院長が棒を使ってベビを吸引。

吸引分娩
分娩所要時間8時間49分
ベビ誕生!

やっと終わったという気持ちと、意識が朦朧として、わけがわからなかったけど、私のお腹から出てきたベビが観音様のように見えた。とっても神々しかった。

5月6日予定日ぴったり
6時48分に3468gの男の子を無事出産。
話題のロイヤルベビーと誕生日が一緒!

陣痛は痛い?

陣痛は、とにかく辛い、痛い。私はお腹より、腰の方が超絶痛かった。

妊娠初期は出産が怖く感じていたけど、後期になるにつれてもうすぐベビと会えるんだって考えるようになっていきました。

出産に関して色んな不安もあったけど、ベビに会えた瞬間痛みは吹き飛びます。あんなにもがき苦しんだのに陣痛の痛さ忘れるようにできてるから女の人はスゴイ!

怖いとかいってられないし、もう出すしかないって感じで。もうすぐベビと会えるって思えば痛みも耐えられるし、頑張れます!ポジティブな痛みです。

しかも、予想以上にビッグサイズで、私の小さな身体から一緒に頑張って出てきてくれて、自分一人が頑張ったんじゃなくて一緒に頑張ってくれたんだなって。
吸引分娩だったので頭がコーンヘッドだったけど、今はちゃんと元に戻りました。これはこれでエイリアンみたいで可愛かった。

出産は女性として素晴らしい経験

妊娠出産という素晴らしい経験をさせてくれた旦那、そして、私のもとに舞い降りてきてくれたベビにも感謝!今まで感じたことのない幸福感に包まれた瞬間でした。
ベビが出てきた最高のシーンは目に焼きついて一生忘れることはないだろう。

この記事を書いている人 - WRITER -
海好きなネイチャーガールsoltinaです。ポジティブ育児でハッピーに。海のある生活でママライフ。コスメコンシェルジュの資格ももっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© soltina , 2019 All Rights Reserved.